ピンボール キコーナ

問題解決する栄養療法⾷品

介護食でもおいしいを楽しむ

「食べられない…」でお悩みの方でも「おいしい!」と味を楽しめる、介護食の試食レポート

お悩み

何でも食べていた88歳の母が自宅で転倒して入院中。
飲み込み(えん下)が難しくなることもあるとか、
退院後のお食事は大丈夫かしら…

試食隊員

ミカさん(60歳)

イタリア料理研究家・伊日翻訳家。長年にわたる現地でのホームステイ経験を活かして、イタリア家庭料理の教室やケータリングなどを手がける。また、こども食堂やフードバンクの活動なども行う。趣味のフラメンコダンスを楽しみつつも高齢の母親の食支援をどうするか思案中。

試食しました! この介護食

プロッカZn(ゼットエヌ) グレープ

製品情報を詳しく見る

〈えん下困難者用食品 表示許可取得〉

初めて召し上がった感想は?
イタリア料理研究家として料理を提供する中で、唯一、お客様に出せないのがゼリーです。寒天だと固くてまとまらないし、
ゼラチンだと気に入った
やわらかさにならない。
ゼリーは食感が命でしょ?!
プロッカZn はとろりとした
食感やなめらかさが本当に
素晴らしく、驚きました。

ニュートリーから

料理研究家の方のお見立て、さすがプロフェッショナルと感服します。
プロッカZnのこだわりは、ゼリーの“なめらかさ”にあります。
「適度に柔らかく」「べたつきにくく」「まとまりがある」。この3つの条件をクリアすることで、なめらかで、飲み込みやすくなっています。

プロッカZnは、特別用途食品「えん下困難者用食品」という国のお墨付きを得ています。加齢などでうまく飲み込めないことで起こる“誤嚥”を防ぐ目的で使われています。医療機関で使用されているので、飲み込みに不安を感じている方にはおすすめです。

これはアリだな、と思った時は?
母は自宅で転倒して今は入院中です。
退院後はリハビリ病院へ行くことになります。とんかつなどを好んでいた母が「病院食は量が多い」と言っていて、どんどん少食になっているみたい。
退院後、できる限りのことはリハビリのためにも、自分でして欲しいです。でも、自分で料理をするのが難しければ、このゼリーを活用してもいいですね。
栄養価については
どう思われますか?
改めて、たんぱく質やカルシウムなどの「栄養素」と言われても、中学生の頃に勉強して以来で気に留めていませんでした。プロッカZnはゼリーでありながら、1個当たり牛乳約1本分(180mL)とほぼ同量のたんぱく質とカルシウムが摂れると聞きました。
入院してから小食になり、肉や魚が進まなくなってしまった母にプロッカZnを提供するとしたら? 
とんかつの代わりに、
プロッカZnを用意して、
お手製パンとのワン
プレートはどうかしら。

※日本食品標準成分表2020年度(八訂)

ニュートリーから

「プロッカZn」の名前は、たんぱく質(プロテイン)、ルシウム、亜鉛(Zn)と、含まれている栄養素からきています。肉や魚、牛乳などの代わりとしてメニューに加えていただけます。1個当たり80kcalのカロリー補給ができ、少食の方などにもおすすめです。

お味はいかがでしたか?
いろんな味があるけど、一番
気に入ったのはグレープ。
自然な味が好きです。
母も喜ぶと思います。
8種を召し上がっていかがでしたか?
味に選択肢があると良いですね。母は
自分でジュースからゼリーを作るような
人。多い時は100人のゼリーを提供して
いました。とはいえ、甘酒や青りんご、
ゆずのゼリーまでは作ったことがありま
せん。自宅で作るのは
なかなか難しいので
面白いですね。
私の好きな味ベスト3は、
こちら。

ニュートリーから

さわやかなテイストのゼリーで、食べることが難しい方でも食が進むようにこだわりました。楽しみながら食べ続けていただける8種類の味をご用意しています。

おすすめのアレンジはありますか?

料理研究家
ミカさんおすすめの
アレンジメニュー
さらに味わう楽しみのために…

オレンジ+キウイフルーツのソースで、
きりりと味を引き締めて

「やさしい酸味のオレンジにはパンチの効いたキウイフルーツソースで、見た目にも味にもアクセントが付きます」

レシピ:ソースは完熟のキウイフルーツ3個に、粉砂糖またはハチミツ小さじ1を合わせて撹拌する

コーヒー+クリームで、
ちょっとリッチなコーヒーゼリー

「好みで市販のクリームをかけたらおいしかった! お店のリッチなコーヒーゼリーみたい」

母にはずっと食を楽しんでもらいたい。
喉越しが良くておいしいゼリーは
必要な時、お口に入れてあげたいな。

プロの料理人でも思った通りの食感にならず、
お客様に提供するのが難しいゼリーですが、
これはとても喉越しが良く、なめらか。
とくにグレープのおいしさは介護食ではなく
一般の食品として売れるレベルで、イケる!

また、常温で保管できるため冷蔵庫に入れる
必要がなく、イザという時のために備蓄
できるのが嬉しいです。

入院中の母が自宅に戻ったら、母にはずっと好きな物を食べて、食を楽しんでもらいたい。そして、もし一般食が食べられなくなってきた時には、“喉越しの良い、おいしい、つるっとした”プロッカZnをお口に入れてあげたいな。

試食した介護食は、こちら!

プロッカZn(ゼットエヌ) グレープ

  • えん下(飲み込み)が困難な方にも
    使えるゼリー
  • 消費者庁許可
    「えん下困難者用食品 許可基準Ⅰ」
  • たんぱく質、カルシウム、亜鉛を補給
  • 味わい豊かな8種のバリエーション

[学会分類2021※:コード0j相当]

※日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2021

嚥下調整食の段階やとろみの程度などがわかる
「学会分類2021」