ピンボール キコーナ

問題解決する栄養療法⾷品

介護食でもおいしいを楽しむ

「食べられない…」でお悩みの方でも「おいしい!」と味を楽しめる、介護食の試食レポート

お悩み

固いものを噛んだり飲み込んだり、つらさを感じて食欲も
減っていたときに「痩せた」と言われました。柔らかご飯に
頼りがちだけど、それだけでは栄養不足でしょうか?

試食隊員

ノリコさん(69歳)

看護師や心理カウンセラーとして活躍後に歩行が難しくなり、現在は車椅子に加えて介護用ベッドも利用。時折、ゼーゼーすることもある。自身の健康に気を配りながらも、亡き夫の写真家・鬼海弘雄氏の作品管理や保存、エッセイ執筆などに尽力している。

試食しました! この介護食

ブイ・クレスCP10ゼリー ミックスフルーツ

製品情報を詳しく見る

〈えん下困難者用食品 表示許可取得〉

お体の調子はいかがですか?
以前から歩行が難しく外出時は車椅子でした。その他もあれこれ不調があるため、最近は介護ベッドや入浴介助サービスも利用しています。月に2回は医師や看護師の訪問を受け、週に1度は理学療法士に来てもらって
います。
食べることに難しさはありますか?
固いものが噛みづらい。時折ゼーゼーしてムセたり、飲み込みづらかったり…。数年前に夫が他界してから食欲が減っていました。ある時、お友達から「痩せたわね」って言われて。
1日1,500kcalを摂るのを目標にしています。噛む・飲み込むの訓練のため今はご飯を柔らかく炊いて、食べています。でも、1食を食べきるのに1時間以上もかかって大変で、疲れて眠れないことも。ああ、食べられない…、と栄養不足ではないかと悩んでいました。
そんな時、このゼリーはツルンとした食感で飲み込みやすかったです。あっという間にペロッと1個食べられちゃいました。
なめらかで食べやすいので
食事の時間が短縮されて便利
ですね。

ニュートリーから

ブイ・クレスCP10ゼリーのミックスフルーツは、特別用途食品「えん下困難者用食品」という国のお墨付きを得ています。加齢などでうまく飲み込めないことで起こる“誤嚥”を防ぐ目的で使われています。医療機関で使用されているので、飲み込みに不安を感じている方におすすめです。

元看護師ならではの感想はございますか?
現役時代に私が勤務していた病院では、栄養士さんが介護食のメニューを考えて調理師さんが全部手作りしていました。こういうゼリーがあれば、調理現場の手間が省けて便利でしょうね。
これはアリだな、と思った時は?
ふだんは息子がご飯を作ってくれています。柔らかいご飯に刻み納豆や煮魚とか、気を付けてあれこれ食べています。でも、一日に1,500kcal摂るのはけっこう難しくて…。
もう少し食べなきゃ、
という時にこれ1個で110
kcal摂れるのは嬉しいで
すね。

ニュートリーから

いつものお食事にプラスしてデザート感覚で召し上がっていただければ、1個80g当たり110kcalかつ、たんぱく質12gが賄えます。

コラーゲンペプチド10g配合、ビタミン・ミネラル豊富な点はどう思われましたか?
コラーゲンは知っていたけれど、コラーゲンペプチドは知りませんでした。このゼリーは病院で使われているんですか。在宅でも私みたいに座る時間が多い人や、寝たきりの人に活用されているとか。病院で知った看護師さんがこのドリンクタイプをご自分用に召し上がっているんですって? やっぱりプロは良いものを知っていますね。
ビタミンに関しては、以前からビタミンCのサプリを飲んだりして気をつけていました。このゼリーで一気に様々な種類のビタミン・ミネラルが賄えるなら安心です。

ニュートリーから

【ふだんの食生活での取入れ方】

ブイ・クレスCP10ゼリーには不足しがちな12種類のビタミンや鉄・亜鉛などのミネラルが含まれています。普段のお食事と組み合わせてお召し上がりください。

姉妹品として、ドリンクタイプの「ブイ・クレスCP10 ミックスフルーツ」があります。これは日本で初めて“褥瘡を有する方の食事療法として使用できる食品”の表示許可を取得し、その関与成分として、コラーゲンペプチド10,000mg(10g)、亜鉛12.0㎎、ビタミンC500㎎を配合しています。床ずれに関わる不足しがちな栄養素をどうやって摂ればいいかお困りの方にご利用いただけます。
お味はいかがですか?
甘くて口当たりが良いです。私は自分からあまり甘い物を積極的に欲しがるタイプではないので意識して摂らないと食べない。こういう食べやすい甘さだったら、普段の食事の後にデザート感覚でいただくと良いですね。

ツルンと楽に食べられるから、
一日1,500kcal摂取を叶える味方になる。
カロリー補給できれば、女性としても輝けそう。
“美人薄命”じゃ困るもの(笑)

いろいろな栄養素が配合された、
便利な介護食があるんですね。
ツルンとしていて楽に食べられるし、
テーブルにストックしておいて、
そのまま食べられるのは、
すごく手軽です。

痩せたことを指摘されてから一日に1,500kcalを摂るようにしました。柔らかご飯は200kcal、納豆は80kcalと計算します。意識してもなかなか1,500kcalまでいかない。そんな時にこのゼリーがあると良いですね。

コラーゲンペプチドはたんぱく質の1種であるコラーゲンを細かくしたものなんですね。それにビタミン・ミネラルも配合されているとは、ほうれん草のお浸しや他の副菜の代わりになる? 栄養がちゃんとしていると気持ちまでイキイキして、女性としても輝けそう。“美人薄命”では困りますからね。あらあら、近くで与太話を聞いてる娘が笑っています。あはは…。

試食した介護食は、こちら!

プロッカZn(ゼットエヌ) グレープ

ブイ・クレス CP10(シーピーテン)ゼリー
ミックスフルーツ(えん下困難者用食品)

  • コラーゲンペプチド10g配合
  • 12種のビタミンと鉄・亜鉛のミネラル、コエンザイムQ10配合
  • 消費者庁から特別用途食品「えん下困難者用食品 許可基準Ⅰ」の表示許可を取得
  • 農林水産省から「飲み込むことに問題がある方向けの食品」であるスマイルケア食「赤0」マークの利用許諾を得る

嚥下調整食の段階やとろみの程度などがわかる
「学会分類2021」